FC2ブログ
日々のあれこれ tante belle cose を綴ります♪
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


tuohikori
2012年08月18日 (土) | 編集 |


tuohikori トゥオヒコリ

フィンランド語で、白樺の皮を編んだ籠のことだそうです。


7月半ば、突然、白樺の皮で編んだ籠が気になり、欲しいのではなく自分で編みたくて仕方なくなってしまいました。

以前、北欧のヴィンテージ食器に嵌まっていた頃、実際にお店で見たことはあったんですが、その時には特に欲しいとは思わず、随分と高価なんだなぁと思っただけでした。

自分で編むには、ワークショップに行くしかない!!

なんとしてもこの夏に編む、と宣言しました。

8月上旬に開催されるワークショップを見付け、行ってきました~♪

それが、写真のかごです。
(手前に写っているのは、お借りした先生の作品)
2012年フィンランド産の白樺の皮を編みました。
伺ったところによると、7月半ばにフィンランドから白樺の皮が届いたらしく、ちょうどその頃に私が白樺のかごを編みたくなっていたのに驚きました。

下準備をしてもらっていたので、編むという作業だけで約3時間の予定が、30分オーバーでなんとか完成。

不器用な私に完成させることができるか、ちょっと不安になりましたが、まずまずの出来映え。

お店で見るように均一な色味の皮ではなく、味のある色味の皮が気に入っています♪

オイルでお手入れしながら大切に使えば長持ちするとのこと。

自分で編んでみて、材料が貴重だということや編む迄の下準備が大変でもあるし、かごの出来を大きく左右することも分かり、販売されている値段にも納得がいきました。

貴重な材料、自分で編んだ愛着、素敵な香り…
大切に使います!


もう1度くらい、編みに行きたいです。







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。